21_21「日本のデザインミュージアム実現にむけて」展

行ってきました。

とてもよかったので忘れないように中の様子とかメモ。(撮影禁止のものは撮っていないはず…)

時代のキーワードの変遷。これを追うことの大切さ。

この子がいっこドン!とあったあとに

中はこんな感じで、上にコピー、下にデザイナー(もしくはアーティスト)さんの作品が展示されてる。

倉俣史郎さんの椅子、見れてよかった。

田中一光さんの作品。少し前に21_21で見たもの。

お言葉。

写真を撮るの忘れたけど、その奥のもっと広い空間も同じ構成で展示がされていた。

奈良のお祭りの神事で着られる紙衣(かみき)という衣服。全て楮でできてて、近くに寄ると繊維の毛羽立ちとか見える。

名前忘れてしまったけど、the windというプロジェクトで作られた、DYSONの掃除機を身体に見立てて作られた服。「身体はからっぽの、エネルギーの通り道」という考え方が面白かった。(話はそれるけど、あるものを別のものに見立てて新しいものを作るのは日本の考え方らしい。)

佐藤雅彦さんの“これも自分と認めざるをえない”展の映像。ボタンを押すとその作品の展示の様子と趣旨が流れる。これ面白かった。人間の行動や心理をあぶり出すためのオシャレな仕掛けって感じ。ゲートが二つあって、前に立った方のゲートが開くと、なんとなく許された気持ちになる、とか。

所長!!!!浅葉克己さん。正直興奮しすぎて展示きちんと見なかったがw、タイポが本当にすごい。

浅葉さんはいろんな意味で言葉が面白い。

ISSAY MIYAKEさんのも面白かった。

陰翳(IN-EI)というシリーズ。再生繊維を使用しているそうな。すてき。

全体的に、デザイン系の人は再生系や、自然物系が多かった気がした。

今はリサイクルって言葉が、なんかめんどくさくて高いイメージに集約されてて、既存のシステムより勝ることができないと、モラルだけでは浸透しないだろうし、多分今すぐ全部再生系のものに切り替えないと資源枯渇で地球が滅ぶって言われてもやらないだろうし、そこ考えるの難しいなと感じましたよ。(月並みな感想ですが)

次の段階へ向かう過渡期にいますね。わたくしたち。面白かったーー

昔つくったフライヤー2

上:劇団→ヤコウバス「イス」(表/裏)

下:劇団→ヤコウバス「ケイコ」(表/裏)

昔作ったフライヤーたち

上:ハイブリットハイジ座「豚引き剥がし騒動記」

下:ハイブリットハイジ座「立った立ったハイブリットクララが立った!!」

最近聴いたCDたち

CD

最近読んだ漫画たち